読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BASE COFFEE SHOP BLOG

ベースコーヒー ショップブログ

コーヒーの抽出方法のイロイロ(過去ブログより)

今回はイロイロな抽出方法の紹介です。

季節によって、豆の産地によって、焙煎度によって、使い分けるのっていいですよね!!

 

 

------------------------------------------------------------------

 

 

 

コーヒーを美味しく淹れるには、器具の特徴を理解して淹れること。

ペーパーフィルター式のものでも、穴が一つだったり、二つ、三つだったりと様々です。そんなたくさんの楽しみを与えてくれる器具のご紹介をしていきたいと思います。

 

ペーパードリップ
1908年、メリタ・ベンツ婦人が発明し、手軽においしいコーヒーを淹れられる方法として世界中に広まりました。使用後の後片付けが簡単なのが大きく支持されている要因だと思います。
さて、ペーパードリップには、いくつかのタイプがあることをご存知でしょうか?それぞれの特徴を簡単に記載して以下に紹介します。

 

カリタ(Kalita)
コーヒー器具を日本人向けに使い易く工夫したカリタの製品です。三つ穴のドリッパーは空気抜きが容易なこと、一つの穴が目詰まりを起こしても、ほかの穴が補ってくれます。粉のメッシュ(粒度)や焙煎度のバラツキを調整してくれます。

 

メリタ(Melitta)
メリタ・ベンツが最愛の夫に美味しいコーヒーを飲ませたい願いから発明したのが始まりです。安定した美味しさが楽しめる「一つ穴」ドリッパーが特徴です。

 

コーノ(KONO)
円錐形が最大の特徴です。カリタ、メリタのものと比較すると、湯がドリッパーに溜まりにくく、注湯のスピードで自在にコーヒーの風味や特徴を変化させることができます。少しコクを深くしたい場合は、ゆっくりお湯を注ぎます。逆にさっぱり、酸味を少し出した場合は、早めにお湯を注ぎます。

 

ハリオHARIO
コーノ式のメーカーより、使用許可を得た円錐形ドリッパーを主とし、コーヒーを楽しむための器具をたくさん取り扱っています。コーノ式と同じく、注湯のスピードで自在にコーヒーの風味や特徴を変化させることができます。

またスパイラルリブと呼ばれる凸部を高く上部まで付けることにより、ペーパーとドリッパーの密着を防ぎ、空気の抜ける空間ができます。蒸らしの際にこの空間から空気が抜け、コーヒー粉がしっかりと膨らみます。

個人的には、ハリオのドリッパーがとても気に入っています。

その日の気分でコーヒーのコクや酸味をコントロールできることや、そのお豆の特徴をより引き出せます。高い部分までリブがあることも、コーノよりもハリオが気に入っている理由のひとつです。

 


ネルドリップ
ネルと呼ばれる起毛した不繊布(ふしょくふ)で作ったこし袋を用いる濾過式の抽出方法です。多人数でも、少人数でも同様の風味になることが特徴です。また、ペーパーよりも油分(脂肪分)の抽出量が多いため、お豆の個性を最大限に引き出せます。

 

③コーヒープレス
フレンチプレスとも呼ばれていますが、この器具の特徴は、コーヒー豆とお湯をセットして四分間待つだけで手軽にでき、さらにドリップではなかなか抽出できない、コーヒー成分(油分)を浸漬法で抽出します。コーヒー豆の個性をしっかり掴みたいとき、深いコクを求めたいとき、ミルクとあわせるため、少しコクの深いものを淹れたいときにおすすめです。何と言っても、お湯入れて、待つだけという手軽さは、一度使うとやみつきになりますよ。

 

④サイフォン
蒸気吸引を利用したコーヒー器具です。

サイフォン式の構造などの説明は抜きにして、ドリップに比べると注湯の仕方、速さなどの技術による味のブレが少なく、安定した味を常に再現できます。コクもしっかり出せて、さっぱりとした口当たりのコーヒーを抽出できます。また、コーヒーが出来上がるプロセスを楽しむことができるので、ゆっくりとコーヒータイムを楽しみたいとき、自宅へ招待した友人へのおもてなしとしては、最適な器具と言えます。

酸味やコクをバランスよく引き出し、油分が口当たりをまろやかにするため、どんなコーヒーにも合う器具ではないかとも思います。

 

⑤水出しコーヒー(ダッチコーヒー)
夏にはアイスコーヒー。アイスコーヒーは水出しで!というのは私の持論です。私が水出しコーヒー(ダッチコーヒー)を知ったのは、とある喫茶店でした。特にコーヒー専門店ということではなく、ランチタイムを中心として営業している喫茶店でした。そこに大きなダッチコーヒ器具が置いてあり、アイスコーヒーが忘れられないほど美味しかったというだけなのですが。。。
低温抽出により雑味は少なく、コクはあるけれどもさっぱりとした口当たりに仕上がります。このコクあり、酸味ありのバランスがとてもよくとれるので、簡単(時間はかかりますが)に美味しいアイスコーヒーを抽出できます。

 

本日追記(8/20)

⑥エアロプレス

下記の写真の通り、注射器みないな!?器具です。

なんと言っても、1分もあれば美味しくコーヒーを抽出できるというのが一番の特徴ではないでしょうか。しかし使い方はイロイロ。

攪拌の回数を変えたり、上下逆に使ったり、抽出時間、レシピを変えたり。

使い方にかなりの幅をもたせることができる、ポテンシャルのある器具だと思います。

ちなみに、当店では抽出時間は4分、布フィルターを使っています。

浸漬方式とネルをどうしても組み合わせたくて、抽出器具や方法を探っていたところ、このエアロプレスでこの抽出方法に至りました。

 

 

BASE COFFEE

一宮市印田通4ー24 ウカイマンション1ーB

 

http://www.basecoffee.jp

https://www.facebook.com/basecoffee

 

f:id:BASECOFFEE:20150820122317j:plain